口内の健康を保つために歯科を訪れましょう

ユニットに座る子供

白く美しい歯を

白い歯を保つ審美歯科

欧米では歯が白くなければ不衛生、お金がない人と思われ、白い歯が当たり前の国が多くあり、最近ではその考え方が日本でも浸透し歯の美しさも大事と考え、それに特化した審美歯科に通う方が増えています。 今では歯医者は虫歯を治すというだけではなく歯の美しさを保つための診療を重視する通常の歯科も増えており、保険内でも歯の白くするホワイトニング診療も可能ですが保険外治療で歯を美しくしたり、歯茎の色を健康的なピンク色にする治療をする方が多いです。 ホワイトニングだけではなく銀歯と呼ばれる詰め物を白い詰め物に変え、より目立つことがなく、欠けたり取れたりする事のない頑丈な詰め物に変更するなど、見た目だけではなく品質の良いものに変更する事も審美歯科は可能です。

大人でも歯並びの悪さを治す矯正

昔はあまり気にする事はありませんでしたが、美しい歯も美容の一つと考える時代になってからは、歯並びの悪さを矯正歯科で治す方も増えています。 現在は昔と違い大人でも負担少なく矯正する事が可能で、見た目に目立つ金属の矯正器具を歯に装着するのではなく、歯の裏側に装着し見た目も発音にも問題なく、食べる際にも不快感の少ない器具や技術が多くなっており、矯正のために歯を抜くという事もなくなりました。 都合の悪い場合は自分で矯正器具を外す事もできる器具もあり、仕事をしている方でも負担が少なく歯並びを美しくする事ができます。 歯並びの悪さは見た目だけではなく、健康にも害を与える場合も多く肩こり、頭痛、顎関節症など日常の生活に支障をきたす場合もあります。